放射線に関する講演会が開かれました。

 2月25日(土)10:30より、いわき明星大学講義館において、東京大学アイソトープセンター長兼東京大学先端科学技術研究センター教授である児玉龍彦先生より、放射線に関するお話をいただきました。会場となった明星大学の講義館は、当日雨天という悪条件だったのにもかかわらず、多くの方々が講演会にかけつけ、座席はほぼ満席の状態でした。児玉先生は、もともとは、コレステロールの研究をしていた方で、歴代の総理大臣とも一緒に仕事をされてきた先生でした。話の内容もおもしろく、前半は放射線について、そして後半は除染について、よりわかりやすいお話をいただきました。また質問もたくさん出て、それに対しても明快な回答がだされました。楢葉町は、線量でいうと、低線量のなかでも、特に低い地域にランクされるということでした。また。地区の人達、そして楢葉町から声をあげ、復興計画を立てて、それを県そして、国に働きかけていくことが、最も大切なことであるというお話でした。1時間半があっという間に過ぎた講演会でした。近い将来楢葉町に帰町する上で、おおいに参考となったことでしょう。

What's New

<本日の線量> 

 

<新着情報>

What's New!

 

 

<楢葉町>

ホームページはこちらから